園のしょうかい

本園は、長い歴史と伝統を誇る八王子学園八王子高等学校の建学の精神を受けて、
平成元年(1989年)2月に、多摩ニュータウン南大沢地区に誕生しました。

また、本園の姉妹園なかよし幼稚園は、昭和25年に創立されております。

そこでの幼稚園教育の実績と経験を土台にし、
人格の尊重・平和の心を培う教育理念のもと、
充実した保育システムを構築し、質の高い幼児教育を多摩ニュータウンにて目指しています。

想い

  • 子ども自身が、創造し、考え、成し遂げる体験を大切に!!

    人生を木に例えると、幼児教育は根っこの教育だと考えています。
    根っこは、目に見えないところにある力です。

    例えば、意欲をもってやろうとする力、我慢できる力、失敗してもがんばろうとする力、みんなと協力する力、友達を思いやる力、自分を大切に思える力、自尊心や自信などのことです。

    幼児期の教育で大切なことは、小学校の先取りではなく、子ども自身が創造し、考え、成し遂げる体験のできる環境を保育者が提供していくことだと考えています。

  • 日々の遊びの中に
    子どもたちの育ちがある

    多摩なかよし幼稚園では、日々の遊びを大切にして保育を行っています。
    子どもたち一人ひとりが、自分の好きな遊びを見つけていけるような環境づくりを心がけています。

    お友だちと関わりながら一緒に遊ぶ中で、創造性、想像性、協調性が培われます。
    集団遊びでは「入れて。」「いいよ。」という言葉が交わされて、コミュニケーション力が育まれます。

  • 豊かな自然の中で
    「真の人間教育をめざす」

    緑の香りが漂う遊歩道、近くにはいくつもの公園があり、四季折々に園児たちは散歩に出かけます。
    そんな豊かな自然の中で、四季を体で感じることができる環境が、多摩なかよし幼稚園にはあります。

    90年の歴史のある「八王子学園八王子高等学校」、約70年の歴史のある姉妹園「なかよし幼稚園」とともに、「真の人間教育をめざす」教育理念の下、教育を実践しています。
    当園の日常保育の様子は、ブログに掲載していますのでぜひご覧ください。

園長

学校法人八王子学園   多摩なかよし幼稚園
園長 金平 純三

施設紹介

2770m²の敷地の中に、延べ面積約1700m²の2階建て園舎を有し、9クラスの保育室と広いホールで、日々の教育保育が展開されています。また、1年中使用できる15m(幅6m)の屋内温水プールがあり、学年に応じた水泳指導がスイミングの時間として、外部の専門講師により行われているのは、本園の大きな特徴です。

保育室には、2教室ごとに共通のお手洗いが設置されているので、子どもたちは、保育活動中にいつでも利用することができます。

園庭には、30周年記念事業として、30年間子どもたちが遊び親しんでいた木製アスレチックに変わり、「ぼくらの隠れ家」という新しい遊具が新設され、日々の遊びの中で、自然と体幹が育まれています。

※写真をクリックするとかくだいします