一人ひとりの成長を認めながら、
その子の持っている良さを伸ばしていきます。